2008年03月31日

「赤ひげ」は黒澤明監督作品です!

『赤ひげ』(あかひげ)は、1965年に東宝、黒澤プロダクションにより製作された日本の映画。白黒作品。

山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を、黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで絞り出してもらう。そして映画の可能性をギリギリまで追ってみる。」という熱意で、当時のどの日本映画よりも長い2年の歳月をかけて映画化した黒澤ヒューマニズム映画の頂点ともいえる名作。完成した作品を観た山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめ、興行も大ヒットを収めた。

当初、1964年末封切の予定であったが、制作の遅れから不可能となり、代わりにゴジラシリーズの「三大怪獣 地球最大の決戦」が制作された。また、赤ひげ役の三船敏郎は白黒映画にもかかわらずこの作品のために本当にひげを赤く染めていたという逸話も残っている。

国内のみならず、海外でもヴェネチア国際映画祭サン・ジョルジュ賞などを受賞。主演の三船敏郎もヴェネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞したが、同時にこれが黒澤映画における最後の「白黒映画作品」「三船出演作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となった。翌1966年、黒澤は東宝との専属契約を解除し、海外の製作資本へと目を向けることになる。


ストーリー
舞台は江戸時代の小石川養生所。

長崎で当時最新のオランダ医学を学んだ青年医師・保本登は、>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「夢 (映画)」は黒澤明監督作品です!

「夢」の撮影に使われた大王わさび園水車小屋『夢』(ゆめ、英題:Dreams)は、1990年に公開された黒澤明による映画作品である。日本とアメリカの合作。当初 黒澤明監督最後の作品だった。

「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の8話からなるオムニバス形式。黒澤明自身が見た夢を元にしている。各エピソードの前に、こんな夢を見たという文字が表示されるが、これは夏目漱石の『夢十夜』における各挿話の書き出しと同じである。

水車のある村
私(主人公)と老人との会話の物語。>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「影武者 (映画)」は黒澤明監督作品です!

『影武者』(かげむしゃ)は、1980年に公開された黒澤明監督の日本映画。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。黒澤を敬愛するフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカスが外国版プロデューサーに名を連ねた。またこの作品から、助監督時代からの盟友であった本多猪四郎が演出補佐として(影武者では演出部チーフとしてクレジット)スタッフに加わるようになった。

黒澤作品では唯一、実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げたスペクタクル巨編。黒澤監督は次回作『乱』の撮影準備(リハーサル)としてこの作品を作ったとも語っている。

あらすじ
小泥棒が戦国武将・武田信玄の影武者として生きる運命を背負わされた悲喜劇。武田信玄が徳川家康の>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

「どですかでん」は黒澤明監督作品です!

『どですかでん』は、黒澤明監督の映画作品。原作は、山本周五郎の『季節のない街』。黒澤映画初のカラー作品である。

『赤ひげ』以来、5年ぶりの監督作品。この間、『トラ・トラ・トラ!』の監督降板騒動などで神経を削ったこともあってか、本作ではそれまでの三船敏郎とのコンビによる重厚な作品路線から一転、貧しくも精一杯生きている小市民の日常を明るいタッチで描いている。しかしながら、当時の興行成績は明らかな失敗で、以降、黒澤は『デルス・ウザーラ』を挟んで10年間にわたって日本映画界の中心から遠ざかることになる。

なお、企画・製作にある「四騎の会」とは、黒澤、木下惠介、市川崑、小林正樹の4人からなる芸術家集団で、邦画低迷の時代に4人の力を合わせてこれを打開しようとの意図で結成されたが、うまく機能せず、製作映画は本作と『化石』(1975年、小林正樹監督)に留まった。

あらすじ
とある郊外の街の貧しい地域──知的障害のある六ちゃんは、毎日近所に出かけては、他人には見えない電車を運転している。内職職人の良太郎は、妻が浮気性なため、子供をたくさん背負っている。穏やかな性格の島さんは、会社の同僚を家に連れてきたが、無愛想なワイフの文句を言われて激怒する。乞食の父親は、いつも息子に夢想話を語っている。平さんは物静かで謎の多い人物。街の長老・たんばさんは、家に押し入った泥棒に金を恵んでやる。──ここに暮らす人たちは、変わった人ばかり。そして六ちゃんは電車を走らせ、日は暮れてゆく・・・。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
監督 黒澤明
製作 黒澤明
松江陽一
脚本 黒澤明
小国英雄
橋本忍
出演者 頭師佳孝
音楽 武満徹
撮影 斉藤孝雄
公開 1970年10月31日
上映時間 126分
製作国 日本
言語 日本語
posted by abelu at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

「椿三十郎」は黒澤明監督作品です!

『椿三十郎』(つばきさんじゅうろう)は、1962年1月1日に公開された黒澤明監督の時代劇映画。

概要
この作品は元々、かつて黒澤組のチーフ助監督であった堀川弘通の監督作品として黒澤が執筆した、山本周五郎原作の『日日平安』の脚本がベースになっている。『日日平安』は原作に>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天国と地獄 (映画)」は黒澤明監督作品です!!

『天国と地獄』(てんごくとじごく)とは1963年3月1日に公開された黒澤明監督の日本映画である。上映時間は2時間23分。毎日映画コンクール・日本映画賞、エドガー・アラン・ポー賞受賞作品。

概要

1961年に『用心棒』、『椿三十郎』と娯楽時代劇を世に送り、次回作には現代劇を構想していた黒澤が、たまたま読んだというエド・マクベインの小説『キングの身代金』(1959年、87分署シリーズのひとつ)に触発され映画化。黒澤が『キングの身代金』を映画化しようと思った動機は2点あり>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「乱 (映画)」黒澤明監督作品です!

『乱』(らん)は、1985年に公開された黒澤明による映画作品である。日本とフランスの合作。黒澤監督の第27作目であり、時代劇としては最後の作品となった。架空の戦国武将・一文字秀虎を主人公にその晩年と3人の息子との確執、兄弟同士の擾乱を描く。毛利元就の「三本の矢」の逸話も取り入れてはいるが、物語の骨格はウィリアム・シェイクスピアの悲劇『リア王』である。黒澤は『乱』を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。

【あらすじ】
戦国時代を生き抜き、3つの城を抱える領土を維持した一文字秀虎。ある日突然、秀虎は家督を3人の息子に継がせ、自身は隠遁する決意を客人たちの前で告げた。>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「八月の狂詩曲」は黒澤明監督作品です!

『八月の狂詩曲』(はちがつのラプソディ、Rhapsody in August)は1991年の日本映画。村田喜代子の原作を黒澤明が映画化した。

ストーリー
ある夏休み。長崎市街から少し離れた山村に住む老婆・鉦の許に4人の孫たちがやってきた。都会の生活に慣れた孫たちは田舎の生活に退屈を覚えながらも、長崎の街にある戦争の傷跡や鉦が話す昔話を聞いて、戦争に対する考えを深めていく……。

エピソード
「アメリカのがないね」
この映画の撮影時にはなかった平和祈念公園のアメリカからの慰霊碑だが、1992年10月にアメリカのセントポール市から寄贈されている。この慰霊碑への寄付を募るために「八月の狂詩曲」上映会がセントポール市で開催された。また長崎市長からこの件に関して黒澤監督へ礼状が送られてきた。

>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「まあだだよ」は黒澤明監督作品です!

『まあだだよ』は、黒澤明監督の日本の映画作品であり、黒澤監督の遺作となった作品。1993年東宝公開。

内田百閧フ随筆を原案として、百閧フ日常と、彼の教師時代の教え子との交流を描いた作品。

戦前から戦後にかけての内田百閧フ生活が描かれているが、黒澤作品の前・中期によく見られる戦闘・アクションシーン等は皆無であり、終始穏やかなトーンで話が進行する。

百閧演じる松村達雄、その妻の香川京子、そして教え子役の所ジョージなど、出演者の好演が光る名作である。


あらすじ
法政大学のドイツ語教師・百關謳カは随筆家として作家活動に専念するため学校を去ることになり、生徒達は『仰げば尊し』を歌って先生を送る。>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

『椿三十郎』黒澤明監督の時代劇映画

『椿三十郎』(つばきさんじゅうろう)は、1962年1月1日に公開された。

概要
この作品は元々、かつて黒澤組のチーフ助監督であった堀川弘通の監督作品として黒澤が執筆した、山本周五郎原作の『日日平安』の脚本がベースになっている。『日日平安』は原作に比較的忠実に、気弱で腕もない主人公による殺陣のない時代劇としてシナリオ化されたが、東宝側が難色を示したため、この企画は実現しなかった。その後、『用心棒』の興行的成功から、「『用心棒』の続編製作を」と東宝から依頼された黒澤は、陽の目を見ずに眠っていた『日日平安』のシナリオを大幅に改変し、主役を腕の立つ三十郎に置き換えて『椿三十郎』としてシナリオ化した(共同執筆は小国英雄と菊島隆三)。なお、黒澤は『日日平安』の主役にはフランキー堺か小林桂樹を想定しており、『椿三十郎』で小林が演じた侍の人物像には『日日平安』の主人公のイメージが残っている。

>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「蜘蛛巣城」監督 黒澤明

200px-Throne_of_Blood_poster.jpg監督 黒澤明
製作 黒澤明
本木荘二郎
脚本 小国英雄
橋本忍
菊島隆三
黒澤明
出演者 三船敏郎
山田五十鈴
千秋実
音楽 佐藤勝
配給 東宝
公開 1957年1月15日
上映時間 105分
製作国 日本
言語 日本語

蜘蛛巣城(くものすじょう)は東宝が1957年に製作した映画。シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた作品。翻案物にも関わらず、原作の雰囲気を最も忠実に再現した作品として広く知られている。

三船演ずる武時が次々と矢を射かけられるラストシーンは、特撮ではなく、実際に三十三間堂の通し矢の名手が三船めがけて矢を射た。あまりに危険な撮影に激怒した三船は、酒に酔った勢いで黒澤の自宅に押しかけた。


あらすじ

時は戦国時代。蜘蛛巣城城主・都築国春は北の館城主・藤巻の謀反に遭い、篭城を決意する。そんな中、鷲津武時と三木義明の活躍によって形勢が逆転したとの報せが入る。国春に召されて嵐の中を急ぐ武時と義明は、途中の「蜘蛛手の森」で迷ってしまう。そこで二人は奇妙な老婆と出会い、武時は北の館の主、そして蜘蛛巣城の城主になることを、義明は一の砦の大将となり、やがて子が蜘蛛巣城の城主になることを告げられる。老婆の予言通り、国春によって武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられる。

武時から一部始終を聞いた妻・浅茅は、老婆の予言を国春が知れば、城主の地位を脅かすものとして武時を殺すに違いない、そうなる前に彼を殺せとそそのかし、武時の心は揺れ動く。折りしも、兵を引き連れた国春が隣国の乾を攻めるために北の館へやって来る。その夜、浅茅は見張りの兵士たちを痺れ薬入りの酒で眠らせる。決意を固めた武時は、国春を槍で刺す。嫌疑をかけられた臣下・小田倉則安は国春の嫡男・国丸を擁し、二人で山に逃れる。


>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

「七人の侍」監督 黒澤明

200px-Seven_Samurai_poster.jpg
監督 黒澤明
製作 本木莊二郎
脚本 黒澤明
橋本忍
小国英雄
出演者 志村喬
加東大介
宮口精二
藤原釜足
千秋実
木村功
三船敏郎
稲葉義男
音楽 早坂文雄
撮影 中井朝一
公開 1954年4月26日
1956年11月19日
上映時間 207分
製作国 日本
言語 日本語

『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年4月26日に公開された黒澤明監督の日本映画。シナリオやアクションシーン、時代考証などの点を含め、世界的に高く評価されており、多くの映画作品に影響を与えたと言われている、日本映画の歴史いや、世界の映画の歴史に燦然と輝く珠玉の名作である。

黒澤が、部分的にではあるがマルチカム撮影方式を初めて使用した映画である。本来は撮り直しのできないシーンのための保険的意味合いでの採用であったが、黒澤はその効果に驚き、これ以降の作品では常用することになる。

以後の映画作品に多大な影響を与え、また他国の映画監督にもファンが多いと言われている。フランシス・フォード・コッポラは「影響を受けた映画」と公言してはばからず、ジョージ・ルーカスに至っては「『スターウォーズ』シリーズはSFという舞台で黒澤のサムライ劇を再現したかった」とも述べている。幼少期に黒澤作品に触れて多大な影響を受けたというスティーヴン・スピルバーグは、映画の撮影前や製作に行き詰まったときに、もの作りの原点に立ち戻るために必ずこの映画を見ると発言している。

posted by abelu at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

「醉いどれ天使」監督 黒澤明

監督 黒澤明
製作 本木荘二郎
脚本 植草圭之助
黒澤明
出演者 志村喬
三船敏郎
音楽 早坂文雄
撮影 伊藤武夫
編集 河野秋和
配給 東宝
公開 1948年4月27日
上映時間 98分
製作国 日本
言語 日本語

『醉いどれ天使』(よいどれてんし)は、1948年の日本映画。黒澤明監督の代表作のひとつ。

闇市を支配する若いやくざと、貧乏な酔いどれ中年医者とのぶつかり合いを通じて、戦後風俗を鮮やかに描き出したヒューマニズム溢れる力作。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

反骨漢だが一途な貧乏医師・真田(志村喬)は、闇市のやくざ・松永(三船敏郎)の鉄砲傷を手当てしたことがきっかけで、松永が肺病に冒されているのを知り、その治療を必死に試みる。しかし若く血気盛んな松永は素直になれず威勢を張るばかり。更に、出獄して来た兄貴分のやくざとの、縄張りや情婦を巡る確執の中で急激に命を縮めていく。弱り果て追い詰められていく松永。吐血し真田の診療所に運び込まれ、一旦は養生を試みるが、結局は窮余の殴り込みを仕掛けた末、返り討ちで死ぬ。真田はそんな松永の死を、毒舌の裏で哀れみ悼む。闇市は松永などもとからいなかったように、賑わい活気づいている。

出演者達とその評価
本来この作品の主人公は医師の真田役・志村であるが、>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

黒澤作品をめぐる評価とその演出


黒澤が日本映画史を代表する映画監督であることは疑問の余地がない。国際的にも20世紀の映画監督として十指に必ず入る大監督である。骨太のヒューマニズムやストーリーテリングの巧みさ、鋭い映像感覚は映画のお手本として多くの後進映画監督たちに影響を与えた(「世界的な影響」を参照)。ただし、『赤ひげ』以後のカラー作品については評価が分かれ、娯楽性よりも芸術性を重視したそれらの作品に対しての否定的な見解も出されている。

妥協を許さない厳しい演出はことに有名で、何ヶ月にもわたる俳優たちの演技リハーサル、スタッフと役者を待機させながら演出意図に沿った天候を何日も待ち続ける、カメラに写らないところにまで大道具小道具を作り込む、撮影に使う馬はレンタルせず、何十頭を丸ごと買い取って長期間調教し直してから使う、等々逸話は多い。


『荒野の用心棒』の盗作問題で、>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

『天国と地獄』黒澤明監督の日本映画である。

『天国と地獄』(てんごくとじごく)とは1963年3月1日に公開された黒澤明監督の日本映画である。上映時間は2時間23分。毎日映画コンクール・日本映画賞、エドガー・アラン・ポー賞受賞作品。

概要
1961年に『用心棒』、『椿三十郎』と娯楽時代劇を世に送り、次回作には現代劇を構想していた黒澤が、たまたま読んだというエド・マクベインの小説『キングの身代金』(1959年、87分署シリーズのひとつ)に触発され映画化。黒澤が『キングの身代金』を映画化しようと思った動機は2点あり、「徹底的に細部にこだわった推理映画を作ってみよう」ということと「当時の誘拐罪に対する刑の軽さ(未成年者略取誘拐罪で3ヶ月以上5年以下の懲役(刑法224条)、営利略取誘拐罪で1年以上10年以下の懲役(刑法225条))に対する憤り(劇場公開時のパンフレットでも誘拐行為を批判している)」だという。

>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「羅生門 (映画)」監督 黒澤明

200px-Rashomon_poster.jpg監督 黒澤明
製作 箕浦甚吾
脚本 黒澤明
橋本忍
出演者 三船敏郎
森雅之
京マチ子
志村喬
音楽 早坂文雄
撮影 宮川一夫
公開 1950年8月26日
上映時間 88分
製作国 日本
言語 日本語

京マチ子と三船敏郎
右から千秋実、志村喬、上田吉二郎『羅生門』(らしょうもん)は1950年8月26日に公開された日本の映画。黒澤明が監督したモノクロ映画の代表的作品。原作は芥川龍之介の短編小説『藪の中』だが、同作者の短編小説『羅生門』からも題材を借りている。

1951年のヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞し、西洋に黒澤明や日本映画が紹介されるきっかけとなった。また、対立する複数の視点から同じ出来事を全く違う風に回想し、真実がどうだったのか観客を混乱させる手法は、アメリカや中国など多くの国の映画やフィクションに影響を与えている。

完成時に大映の永田雅一社長は「この映画はわけがわからん」と批判していたが、ヴェネチアに出品されグランプリをとると、永田は一転して自分の手柄のように語った。後年、黒澤はこのことを自伝『蝦蟇の油』の中で、まるで『羅生門』の映画そのものだと書いている。


【あらすじ】
盗人の多襄丸による、武士の殺害とその妻への強姦事件。この事件について、多襄丸と武士の妻と武士(死んでいるので霊媒師を介している)と目撃者による4人の証言は全部食い違っていた。


posted by abelu at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「野良犬 (映画)」監督 黒澤明

製作 本木荘二郎
脚本 菊島隆三
出演者 三船敏郎
志村喬
木村功
音楽 早坂文雄
撮影 中井朝一
編集 後藤敏男
配給 東宝
公開 1949年10月17日
上映時間 122分
製作国 日本
言語 日本語

『野良犬』(のらいぬ)は、1949年の日本映画。新東宝と映画芸術協会提携の黒澤明監督作品。モノクロ映画。なお、1973年公開のリメイク版についても簡単に記す。

概要
第二次世界大戦終戦後の東京を舞台に、若い刑事が盗まれた拳銃とそれによって引き起こされる強盗殺人の犯人を追い求める。前作の『醉いどれ天使』同様、戦後の街並みや風俗とその中で生きている諸々の登場人物が生き生きと描写されている。

三船敏郎・志村喬のコンビが本作品でも起用され、新米刑事(三船)がベテラン刑事長(志村)に指導され助けられながら、犯人を追い詰めていく。


あらすじ

ある猛暑の日、>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒澤 明【監督になるまで】

黒澤 明【監督になるまで】
黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)(黒沢 明とも表記)は、日本の映画監督。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に、世界的に広く名前が知られている日本映画の 巨匠の一人であり「世界のクロサワ」と呼ばれた。 米国映画芸術科学アカデミー会員。文化勲章受章者。東京都名誉都民。

【監督になるまで】

東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井)に4男4女の末っ子として生まれる。父親は秋田県大仙市(旧中仙町)出身の元軍人、体育教師。1928年、京華中学校卒業。画家を志して日本プロレタリア美術家同盟に参加、洋画家の岡本唐貴(白土三平の実父)に絵を教わる。1936年、画業に見切りをつけて26歳でP.C.L.映画製作所(現在の東宝)に入社。主として山本嘉次郎の助監督を務める。

>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「わが青春に悔なし」監督 黒澤明

200px-Waga_seishun_ni_kuinashi_poster.jpg
監督 黒澤明
製作 松崎啓次
脚本 久板栄二郎
出演者 原節子
大河内傳次郎
藤田進
音楽 服部正
撮影 中井朝一
編集 後藤敏男
配給 東宝
公開 1946年10月29日
上映時間 110分
製作国 日本
言語 日本語

『わが青春に悔なし』(わがせいしゅんにくいなし)は滝川事件とゾルゲ事件をモデルとした黒澤明監督の映画である。GHQの奨励したいわゆる民主主義映画の一つである。なお、本作と同時期に同じ題材の映画が企画されていたため、「新人監督をつぶすつもりか」との労働組合の圧力を受けて、黒澤の意図に反して映画後半の展開を大幅に変更せざるをえなかった。 農村シーンに込められた異様な気迫は、この圧力に対する反感があったからと黒澤は述懐している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

posted by abelu at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『一番美しく』は1944年東宝の日本映画。黒澤明監督作品。

「一番美しく」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

監督 黒澤明
製作 宇佐美仁
脚本 黒澤明
出演者 矢口陽子
入江たか子
志村喬
音楽 鈴木静一
撮影 原譲治
配給 社団法人映画配給社(紅系)
公開 1944年(昭和19年)
上映時間 85分
製作国 日本
『一番美しく』は1944年東宝の日本映画。黒澤明監督作品。

敗色濃厚となっていた第二次世界大戦下で製作された。当初は零戦を使った活劇を製作する案があったが、物資が逼迫し始めた状況において、映画製作のための兵器貸出は困難だったため、その代わりとして、軍需工場で働く女子挺身隊員達の姿を描こうというアイデアにより生まれた作品。いずれにしても、戦意高揚の目的を担った映画であるのは、この時期に製作された映画に通じて言えることであり、本作品もそのひとつではある。

>>>この記事の続きを読む
posted by abelu at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。