2008年03月31日

「影武者 (映画)」は黒澤明監督作品です!

『影武者』(かげむしゃ)は、1980年に公開された黒澤明監督の日本映画。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。黒澤を敬愛するフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカスが外国版プロデューサーに名を連ねた。またこの作品から、助監督時代からの盟友であった本多猪四郎が演出補佐として(影武者では演出部チーフとしてクレジット)スタッフに加わるようになった。

黒澤作品では唯一、実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げたスペクタクル巨編。黒澤監督は次回作『乱』の撮影準備(リハーサル)としてこの作品を作ったとも語っている。

あらすじ
小泥棒が戦国武将・武田信玄の影武者として生きる運命を背負わされた悲喜劇。武田信玄が徳川家康の野田城攻めの際に死亡した事実を隠すため、弟・武田信廉らは信玄の影武者を立てる。この男は盗みの罪で処刑されるところを信玄と瓜二つだったことから信廉に助けられていた。当初は逃亡を企てた男も、一度対面した信玄の威容に圧倒され、影武者としての人生を受け入れる。だが、一方、歴史の歯車は織田信長の台頭、武田家没落という運命に向かって大きく回り始めていた。


キャスト、スタッフを巡るトラブル
当初主演だった勝新太郎は撮影開始後に監督と衝突し、降板した。直接の原因は、勝が自分の演技をビデオカメラで撮影し、役作りの参考にしようとしたことである。これについて黒澤は「監督は二人いらない」との言葉を残した。勝の降板により、『乱』の主演が内定していた仲代達矢が起用された。仲代は独自の影武者像を作り上げた。

山城新伍が語った所によれば、当初は勝が武田信玄と影武者を、勝の実兄の若山富三郎が信玄の弟信廉役を演じる案であったという(実際の兄弟関係を逆転させた配役)。だが、若山は勝と黒澤監督のトラブルを予期し、それに巻き込まれることを嫌って出演依頼を断ったため、結局実現には至らなかった。

音楽についても、『どん底』から『赤ひげ』までコンビを組んできた佐藤勝が黒澤監督と対立して降板、武満徹の推薦で急遽池辺晋一郎が起用されることになった。武満の映画音楽のアシスタントをしていた池辺は『どですかでん』にも関わっており、その後『乱』を除く全作品を手がけることになる。


出演者
ほとんどの出演者がオーディションで選ばれた。油井昌由樹や隆大介、清水大敬(当時は「清水のぼる」名義)、阿藤海、島香裕など、無名の俳優、新人俳優から演技経験の全くない素人までが数々の重要な役で出演した。

電撃ネットワークの南部虎弾(出演者クレジットは南部虎太となっている)、山田五郎(クレジットなし)といった面々が、全く無名だった若き日に雑兵や死体役などのエキストラとして出演している。当時大学生だった鴻上尚史はオーディションに合格したが、当日の都合で参加できず、石田純一はオーディションに落とされたという。


外国版と国内版
外国版では、国内版の一部シーンが日本の歴史を知らない外国人には理解しにくいとの理由でカットされた(上杉謙信が、信玄の訃報を聞く場面など)。だがそれだけではなく、公開時の淀川長治との雑誌対談で黒澤は「国内版は時間がなかったため編集が不十分。もっと切りたかった。外国版は時間が許す限り再編集した。」という主旨の発言をしている。したがって、外国人向けにカットされた部分以外は外国版の方が黒澤監督の意図をより反映した「ディレクターズ・カット」といえるかもしれない。

製作 田中友幸
黒澤明 
脚本 井手雅人
黒澤明
出演者 仲代達矢
山崎努
萩原健一
根津甚八
音楽 池辺晋一郎 
撮影 斎藤孝雄
上田正治
公開 1980年4月26日
上映時間 179分
製作国 日本
言語 日本語
制作費 $6,000,000


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by abelu at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤明監督作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。